So-net無料ブログ作成
検索選択

「Yahoo!」検索結果削除に新基準公表 [PC]


こんにちは、五右衛門です。

大手ポータルサイト「ヤフージャパン」を運営するヤフー(東京都港区)は30日、検索結果の削除を求められた場合の新しい基準を発表した。削除は「表現の自由」「知る権利」とプライバシーを比較衡量して判断するが、検索結果の中に一般人の非公表の住所や電話番号、長期間経過した軽微な犯罪に関する情報などが記載されている場合は削除する方針。同社がこうした基準を明文化して外部に公表するのは初めてで、31日から適用する。

インターネット上の個人のプライバシーを巡っては、欧州司法裁判所が昨年5月、時の経過による状況変化などを根拠に米グーグルに検索結果の削除を求めた判決(「忘れられる権利」判決)を機に、議論が世界的に活発化した。ヤフーは昨年11月、社内に有識者会議を設置し、対応を検討してきた。

ヤフーの新しい基準では、検索結果の削除については、被害を申し出た人が(1)公的な側面を持つ人物(議員や一定の役職にある公務員、企業や団体の代表・役員、芸能人、著名人など)であるか否か(2)プライバシー保護がより必要な未成年かどうか−−などを考慮すると明記した。さらに、プライバシー保護の要請が大きい性的画像や病歴、過去の犯罪、いじめ被害の情報、前科・逮捕歴など情報の公益性や、その社会的な意義・関心の程度、情報が掲載された当時からの時間経過なども踏まえて判断する。

一方、プライバシー侵害とされる情報が掲載されているウェブページへのリンク情報については、基本的にはリンク先ページの管理者に削除を求める判決や決定が出た場合に対応する方針。ただし、リベンジポルノなど権利侵害が重大で緊急の対応が必要な場合は、判決や決定を経なくても削除する。



IDC大塚家具のお家騒動ついに決着? [情報]


こんにちは、五右衛門です。

大手家具メーカーの大塚家具の一連のお家騒動がついに決着しましたね。


経営権をめぐり、創業者で父親の大塚勝久会長(71)とその長女の大塚久美子社長(47)が争った、大塚家具の定時株主総会が3月27日午前10時、東京・有明の大塚家具本社で開かれた。結果は、勝久会長の退任を求めていた久美子社長の「会社提案」が過半数の賛成を得て可決。一方、筆頭株主でもある勝久会長が久美子社長の退任を求めて提案した「株主提案」は、否決された。大塚家具は総会後の取締役会で久美子社長を再任し、勝久会長が同日付けで取締役を退任したと発表した。



「色々と大変ですね」だけではかたづけられません。



これだけ世間を騒がせていたので、会社のダメージは無いとは言えないでしょう。



普通に面と向かって言いたい事を言えばいいのに、メディアを使ってのお互いの「なじりあい」に「けなしあい」は、はたから見てると本当にどうでもいい。



身内同士のゴタゴタは、身内だけで解決してほしいですね。






牧野由依さんらが、声優業界の裏側を大暴露⁈ [情報]


こんにちは、五右衛門です。

なんと、今回は最近テレビでもよく取り上げられるようになった声優という業界について。

ベテラン声優の野沢雅子さん、神谷明さん、若手声優の牧野由依さんらが、3月25日に放送の、中居正広さんMCのトーク番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演。知られざる声優界の裏側を明かす。

これは、これはいままで秘密のヴェールに包まれていた(?)声優業界の裏側を現役声優さんたちが暴露しまくります!

面白いですね。

五右衛門もアニメは結構好きですが、アニメに声をあてる声優という仕事は中々耳馴れないですからね。

なんでも、最近のオーディションでは「プロフィール提出のときに、全身写真と顔のアップ」を送る必要があるそうで、これにはベテランの野沢雅子さんも「おかしいんですよね」、神谷明さんも「僕らのとき、そんなものありゃしないですよね」と。

へぇ〜オーディションに写真て何が必要なんでしょうか?
声のお仕事なのに。もしかして、モデルのお仕事と勘違いしているのでは?

と、思いきや!

近年では、アイドル化が進み、歌手活動やグラビアなどビジュアル重視の仕事も増えているんだとか。


まぁ、なにかと大変ですね。どこの業界でも。

でも、あまり声優という業界の知らない五右衛門でも、こうやって声優さんがTVなどのメディアに出てくれると知る事が出来るので助かりますが。

悩ましいところですね♪



修理の終わった姫路城! [日常]


こんにちは、五右衛門です。

な、な、なんと、国宝「姫路城」平成21年から「平成の大修理」と呼ばれる大がかりな修理が行われて、400年余り前の白く美しい姿がよみがえり、今月27日から複数ある天守閣のうち、最も大きい「大天守」が5年ぶりに一般公開されるそうです。

すごいですね。
お城の修理には5年ほどの時間を要するんですね。驚きです!

お城がそこまで好きな方ではないですが、綺麗になったのなら1度は姫路城を見に行ってみたいなぁと思う次第であります(`_´)ゞ

こんなこと言ってるからミーハーと呼ばれるのでしょうか(笑)



姫路城は、播磨国飾東郡姫路(兵庫県姫路市)にあった日本の城。別名を白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)という。
江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、建築物は国宝や重要文化財、城跡は国の特別史跡に指定されている。この他に、ユネスコの世界遺産に登録や、日本100名城などに選定されている。



人間最強説⁈将棋電王戦まさかの反則負け [情報]


こんにちは、五右衛門です。


将棋のプロ棋士とコンピューターの五番勝負「電王戦FINAL(ファイナル)」第2局が21日、高知市の高知城追手門で指され、永瀬拓矢六段(22)がコンピューターソフト「Selene(セレネ)」に勝った。永瀬六段が成れる角をあえて成らずに王手をかける「奇手」を指したのに対し、Seleneがプログラムの不備でその王手を放置して別の手を指す反則を犯した。コンピューターの反則負けは電王戦では初めて。

とのこと。

うーん、コンピューターとの戦いをしてたのにも驚きですか、まさかのコンピューターが反則負けとは中々イメージしにくい結果ですね。
なんでも、棋士の「奇手」に対応出来なかったとか。


でも、人間が勝ったというのは素晴らしいですね(^^)


まだまだ、コンピューターに人間は負けない!
その実証ができたのではないでしょうか?


そのうち、競技が人間VS人間から人間VSコンピューターの方が盛り上がる可能性はいなめません!



なにはともあれ、今後も人間とコンピューターの「将棋電王戦」は目が離せません!



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。