So-net無料ブログ作成
検索選択

超ハイレベルな情報が無料公開されている件! [情報]


こんにちは、五右衛門です。

 ローム株式会社<6963>が運営している電源ICの技術情報サイト「Tech Web」が面白い。「Tech Web」はロームがエレクトロニクス系のエンジニア向けに無料で展開している特設サイトだ。無料とはいえ、半導体やデバイスなどの基礎知識や最新情報、セミナー情報をはじめ、エンジニアのアプリケーションノートや参考資料まで惜しげも無く公開されており、資料の内容、質、量は、ともに有料レベルのものとなっている。

 例えば、ロームが力を入れているAC/DC、DC/DCコンバータの情報はとくに豊富で、「なぜ、AC/DC変換が必要なのか?」といった原点的なことから、AC/DC 変換回路設計の設計手順や電源ICのデータシートの読み方に至るまで、初心者から最前線で働くエンジニアまで参考にできる有益な情報が詰まっている。また、降圧型DC/DCコンバータシリーズ BD9xファミリなど、同社の豊富なラインナップなども確認できるので、ニーズに合わせた製品の検討もWEB上でできる。

 単なる製品情報にとどまらないこういった技術系情報サイトは今、エンジニアの間でも大きな注目を集めている。昨今、半導体やデバイスの技術の進化は目覚ましく、うかうかしていると専門家といえども最先端から取り残されてしまう。また、それに比例して電子機器類の開発期間も短くなっており、専門分野のみならず、周辺技術の最新情報も熟知しておくことが必要だ。また、情報を提供する側にとっても、自社の技術や製品の宣伝はもちろん、裾野を広げることで新規需要の可能性も広がる。

 ロームの他にも技術系サイトでは、株式会社村田製作所?6981?のサイトも広範囲に詳しく説明されているし、TDK株式会社?6762?の「TDK Techno Magazine」(通称・テクマグ)なども大変興味深い。とくにTDKのテクマグは、磁気と生体に関する豆知識や、磁石を中心に生活の中の科学を再発見する「じしゃく忍法帳」なども面白く、技術者はもちろん、理科に興味のある子どもたちも楽しめる読み物としても充実した内容となっている。

 一昔前なら、高価な専門書籍を購入しなければ手に入れられなかったような高度な情報がクリックひとつで誰でも無料で閲覧できる、恵まれた世の中。「企業秘密」という言葉も死語になりつつある今、情報は独占するのではなく、共有する時代だ。いかに他社よりも有益な情報を発信、拡散して、優位に活用し、顧客を囲い込めるか。そこからまた、新たなビジネスも生まれてくるだろう。企業の未来は巧みな情報戦略にかかっているのだ。



等身大ガンダムをガンプラで再現する猛者登場! [ガンダム]


こんにちは、五右衛門です。

2010年に開催された「静岡ホビーフェア」で会場内に展示された等身大「RX-78-02 ガンダム」の立像を忠実に再現したガンプラを作り上げた猛者が登場しました。

作者の筆塗り大王さんが自身のブログとYouTubeで作品を公開中。

イベント限定で販売された「RG ガンダム」をカスタムした作品となっており、いくつかの資料で確認しながら本物同様にLEDライトを内蔵させ、夜間ライトアップVer.を再現しています。

さらにガンダムの胸部には排気ギミックも実装されており、YouTubeの映像で煙が吐出されていく様子がしっかりと確認できます。

筆塗り大王さんのブログでは、今回のカスタムについて全24回に分けて作品紹介と解説が行われています。小さなパーツからコツコツと、少しずつガンダムが組み上がっていく様子を楽しめますよ。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

データを1000年保存させる方法とは? [情報]


こんにちは、五右衛門です。

「ハードディスクは必ず壊れると思っておいたほうがいい」とよくいわれる。つまり「バックアップをとっておけ」ということだ。CDの寿命も数十年といわれている。一般的な手法で記録されるデジタルデータの寿命は意外と短いのだ。
現在われわれが数千年も昔の出来事や社会を知ることができるのは、おもに紙や皮革、石板などに記された文書のおかげだ。しかし、多くの情報がデジタルデータとして保存されるようになった現在において、われわれの持っている情報を数百年、数千年先の子孫に伝えるにはどうすればいいのだろうか?
そのひとつの方法を、スイス連邦工科大学チューリッヒ校のRobert Grass講師をリーダーとする研究チームが発表した。

■ DNAには膨大なデータが記録できる
膨大なデータを長期間にわたって保存する方法として、同大学の研究者たちが着目したのは生物の遺伝子情報を記録する物質として有名なDNA(デオキシリボ核酸)だ。
DNAは塩基配列によって様々な情報を記録することができる。かずさDNA研究所のウェブサイトによれば、人間のDNAには「新聞の朝刊にすると約25年分もの文字量に相当」する情報が記録されているという。
そのDNAは人間のすべての細胞に含まれている。それほどコンパクトな中に膨大な情報を記録できるのだ。ただし欠点もある。DNAは分解や読み取りの過程で欠損やエラーが起こりやすいのだ。しかし同大学の研究チームは、エラーなしに1,000年以上も情報を保存できる可能性がある方法を発表した。
まず、情報を保持しているDNAをシリカで覆ってしまう。そしてエラーを修正することができるアルゴリズムを使うという方法によってだ。

■ シリカで包んで劣化を防ぐ
2年前、研究者たちはDNAに情報を保存し、それをまた読み取る技術を発表した。しかし、そのとき書き込みと読み取りのあいだの時間は長くはなかったが、それでもエラーが出てしまったという。DNAは長い時間がたつと環境による化学的な影響によって変質してしまう。

しかし、何百年、何千年前のDNAの遺伝子情報が読み取れることもある。骨の化石などの中に包まれて守られてきたようなケースだ。そこで同研究チームは骨の化石の代わりにシリカで保護するようにしたわけだ。研究者たちは、1921年の『スイス連邦憲章』と、アルキメデスの『方法論』を収めたDNAを直径約150ナノメートルのシリカの球体で覆った。

そして、自然界においては数百年に相当するDNAの劣化を再現するために60~70度の環境下に約1ヵ月おいた。その後、フッ素を使ってDNAをシリカから簡単に分離させることができ、記録した情報をふたたび読むことができたという。

骨の化石とシリカの中のDNAを大まかに比較して、たとえば-18度の環境であれば、シリカで保護したDNAは1,000年を超える期間、情報を保存できると、研究者たちは見積もっている。これは、約500年といわれるマイクロフィルムに記録された情報の寿命よりも長い。

一方、DNAの劣化以外にも、DNA情報の読み取りの際にエラーが出てしまうという問題がある。これに関しては、同校のコミュニケーション技術研究所のReinhard Heckel氏が解決法をあみ出した。宇宙機との通信など長距離通信の際に使われるエラー補正技術である『リード・ソロモン付合』をベースにしたものだという。
この技術によってデジタルデータが数千年間保存できるようになったとしたら、われわれは子孫になにを残すのがいいだろうか? 同氏はまずか『ユネスコ記憶遺産』を挙げたという。そして次に『ウィキペディア』。

ウィキペディアでは、細かい記述までなされている項目も多いですが、そうでないものもあります。このことは、われわれの社会が何を知っていたか、どんなものにどの程度支配されていたかを俯瞰するのにいいかもしれません
みなさんはどう思うだろうか? でも、このことが決定されたとしたら、みんなこぞってウィキペディアに書き込みをしてしまうかもしれませんね。


乾巧って奴の仕業らしいぜ? [情報]


こんにちは、五右衛門です。


「仮面ライダー555」全50話が、2月24日~3月1日にかけてニコニコ生放送で一挙放送される。

仮面ライダー555(ファイズ)は、2003年~2004年に放送された平成仮面ライダーシリーズの第4作。従来はあまりスポットが当たらなかった怪人(敵側)のドラマを描いたことで話題になった。配信スケジュールは以下のとおり。

・2月24日午後10時~:第1話~第6話

・2月25日午後10時~:第7話~第12話

・2月26日午後10時~:第13話~第18話

・2月27日午後10時~:第19話~第24話

・2月28日午後10時~:第25話~第36話

・3月1日午後10時~:第37話~第50話

 ニコニコ生放送では、2月23日より「ズバっと!仮面ライダー&スーパー戦隊特集」を実施中。同作のほかにも「快傑ズバット」「百獣戦隊ガオレンジャー」「仮面ライダークウガ」「爆竜戦隊アバレンジャー」「仮面ライダーアギト」「侍戦隊シンケンジャー」の一挙放送が予定されている。なお、番組の一部はプレミアム会員限定視聴となる。

ズバっと!仮面ライダー&スーパー戦隊特集

「仮面ライダー555」2月24日~3月1日

「快傑ズバット」2月23日、3月2・9・16・23・30日

「百獣戦隊ガオレンジャー」3月3日~3月8日

「仮面ライダークウガ」3月10日~3月15日

「爆竜戦隊アバレンジャー」3月17日~3月21日

「仮面ライダーアギト」3月24日~3月29日

「侍戦隊シンケンジャー」3月31日~4月5日


やったー!
仮面ライダー大好きな五右衛門にはたまりません。
楽しみですね♪



五右衛門の超簡単に作るカレー講座 [料理]


こんにちは、五右衛門です。

友人がどうしても美味しいカレーが作りたい。
でも簡単に!
というリクエストにお答えして、五右衛門流超簡単カレーを伝授してみました。

まず、用意するもの。

合挽き肉
塩コショウ
カレーパウダー
ジャガイモ
人参
玉ねぎ
お肉
コンソメキューブ
アクも油も取るシート

まず、フライパンに合挽き肉を150gほど投入し炒めます。
軽く塩コショウをしたあと、カレーパウダーをかけます。

合挽き肉が炒まったら、切ったジャガイモ、人参、玉ねぎを投入。

軽く炒めます。

そして水をフライパンの縁から2㎝から3㎝した辺りまで入れます。


水がブクブクとわいたらコンソメを投入して、アクも油も取るシートを入れます!


あとは、ジャガイモや人参が煮え滾るまで中火で放置。


煮えたぎって、ジャガイモが柔らかくなったら次に肉を投入します。



お肉が煮えたら火を止めて、カレー粉をぶち込みます。

この時、注意が必要なのは火を止めたままカレー粉を溶かすということです。

カレー粉が溶けてなくなったら、また火をつけて軽く煮ます。



あとは、火を止めて30分から1時間放置。



そして、食べる前にもう一度火を入れて温めたら出来上がりです♪






image-20150222214447.png






なぜ、火を止めて30分から1時間放置するのかというと、冷えてく間に味が染み込むからです。

だから、1日寝かせたカレーは美味しいんですね。
それを1日寝かせずに食べたい場合は、火を止めて30分から1時間放置して冷やすのです。




以上。五右衛門の簡単カレー講座でした(^^)






写メたくさん撮ったのにデータ消えてた(´Д` )


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。